模型

住みやすい物件選び

武蔵藤沢の新築戸建て住宅は、ほとんどが宅地開発に伴い建設されるものです。中でもデベロッパーが販売する物件は、高品質であることが特徴となります。ただし周辺の生活環境をきちんとチェックして物件選びをすることが大事です。

詳細を確認する...

人気エリアに建てる家

都市部から少し離れた場所に一軒家が並ぶ八王子は、人口増加に伴って近年は注文住宅の需要が増しています。八王子には地域交流が希薄な場所や治安の良くない場所もあるため、周辺環境をチェックし防犯への取り組みも必要です。

詳細を確認する...

希望を通せる

注文住宅は希望を通すことのできる住宅として、とても人気があります。静岡で建てるのなら、景観を大事にしてみるといいかもしれません。富士山や茶畑などがいつも見えるような造りにすれば、心地よい暮らしを満喫できることでしょう。

詳細を確認する...

使い古した良さがある

アンティーク素材を使う

「新しいスニーカーより少し履き古したスニーカーのほうがカッコいい」それと同じように新築を加工によって古く見せるアンティークな家に注目が集まっている。アンティークな家を建てるときに、古い資材を利用して組み合わせる方法もあるが、その方法だと傷みが早く危険性も高い。そのため資材は新しいものを選ぶのが無難とされている。木材や鉄を古く見せるのは一見簡単そうに見えるが、実はそうとうの技術が必要となる。優秀な職人に出会うことがすべてとも言われているので、建てる際はアンティーク風専門のハウスメーカーを利用すると良い。業績がたくさんあり施工に慣れているプロが加工するので、願い通りの良い味が出た渋い家が完成する。

優秀な素材

木材をアンティーク風に仕上げるときに、スクラッチ法という技術が使われる。アンティークな家をつくりあげるときに欠かせない方法で、新築でありながら経年劣化を楽しめる。まるでデニムをヴィンテージ加工したようなスタイリッシュな仕上がりで、誰もが魅了されてしまう。そしてフランス式の漆喰もアンティークな家に外せない素材のひとつとされている。通常の壁の2倍の厚さが出るのが特徴で、独特の重圧感があり、ノーマルな壁にはない個性がある。この壁は熱や冷気を予防しつつ、虫の発生を防ぐことでも優秀な素材として知られている。さらに防音性もあるので、外の音が聞こえにくくなるだけでなく、室内の音が外側にもれるのを軽減できる。